やんのう船(読み)やんのうぶね

大辞林 第三版の解説

やんのうぶね【やんのう船】

明治・大正時代、主に鮪延縄まぐろはえなわ漁業用として房州から伊豆にかけて使われた耐波性のよい和船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android