河北(読み)かほく

日本大百科全書(ニッポニカ)「河北」の解説

河北
かほく

宮城県東部、桃生郡(ものうぐん)にあった旧名(河北町(ちょう))。現在は石巻(いしのまき)市の中央部北寄りを占める地域。1955年(昭和30)飯野川(いいのがわ)町と大谷地(おおやち)、大川(おおかわ)、二俣(ふたまた)の3村が合併して成立。2005年(平成17)石巻市に合併。河北の地名は北上川(きたかみがわ)北岸の広域呼称に由来する。新北上川が湾曲して追波(おっぱ)川となる一帯と、追波川南岸流域を占め、東端は追波湾に臨む。国45号、398号が通じる。農業が主であったが、近年は製造業、卸売・小売業の伸びが著しい。中心の飯野川では竹細工が生産され、付近の茶園は古い歴史をもつ。また、北上川河口には三陸復興国立公園(旧、南三陸金華山国定公園)に含まれる長面(ながつら)海岸があり、夏季には海水浴客でにぎわう。

[青柳光太郎]

『『河北町誌』全2巻(1975、1979・河北町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「河北」の解説

河北
かほく

宮城県東部,石巻市中北部の旧町域。北上川下流の追波川流域にあり,追波湾に臨む。 1955年飯野川町 (1901年町制) と大谷地村,大川村,二俣村の3村が合体して河北町が成立。 2005年石巻市,雄勝町,河南町,桃生町,北上町,牡鹿町の1市5町と合体して石巻市となった。中心地区の飯野川は旧北上川との可動堰で知られる。飯野川の 3km北の新北上川に北上大堰がつくられた。新旧北上川の合流点に近い飯野川地区は林業が行なわれ,木工場やチップ工場がある。追波湾に面する長面浦 (ながつらうら) は海水浴場で,海岸一帯は南三陸金華山国定公園に,南東部の硯上山西麓一帯は硯上山万石浦県立自然公園に属する。フランスガモ,茶が特産品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「河北」の解説

か‐ほく【河北】

[一] 中国、黄河北方地域の総称。〔淮南子‐斉俗訓〕
[二] 石川県中部の郡。西は日本海に面し、東は富山県に接する。室町中期以前は加賀郡と呼ばれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「河北」の解説

かほく

石川県中部の市。平成16年(2004)河北郡高松町、七塚町、宇ノ気うのけ町が合併して成立。繊維工業が盛ん。人口3.5万(2010)。

かほく【河北】

中国北部、渤海ぼっかいに面する省都石家荘せっかそう。首都北京ペキン所在ホーペイ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「河北」の解説

河北

山形県西村山郡河北(かほく)町にある道の。国道287号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android