よち

精選版 日本国語大辞典の解説

よち

〘名〙 同じ年ごろ。同年輩。また、その人。特に子どもにいう。
※万葉(8C後)一四・三四四〇「この川に朝菜洗ふ児汝(なれ)も吾(あれ)も余知(ヨチ)をそ持てるいで子賜(たば)りに」
[補注]性器、特に女性の性器の意とする説もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よち

同じ年ごろ。また、同じ年ごろの子供。
「この川に朝菜洗ふ児汝(なれ)も我(あれ)も―をそ持てるいで子賜(たば)りに」〈・三四四〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android