コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろくぶんぎ座 ろくぶんぎざSextans

翻訳|Sextans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ろくぶんぎ座
ろくぶんぎざ
Sextans

六分儀座。 17世紀に J.ヘベリウスにより設けられた赤道上の小星座。概略位置は赤経 10時 10分,赤緯-1°で,うみへび座の北,コップ座の西隣にあり,4月下旬の宵に南中する。5等星以下の星ばかりで目立たない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ろくぶんぎ座
ろくぶんぎざ / 六分儀座

春の宵の南の空に見える小星座。うみへび座の頭部としし座の間に挟まれ、4等のα(アルファ)星以下微星ばかりであまり目だたない。ドイツの天文学者ヘベリウスが彼の死後に出版された星図(1690)に描いていたもので、1679年9月、ダンツィヒ(グダニスク)の大火により、20年間愛用した六分儀を焼失した苦い経験を忘れないよう、強い動物の星座の間に置いたと記してあった。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ろくぶんぎ座の関連キーワードダンツィヒ六分儀座藤井

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android