コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろくぶんぎ座 ろくぶんぎざ Sextans

翻訳|Sextans

2件 の用語解説(ろくぶんぎ座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ろくぶんぎ座
ろくぶんぎざ
Sextans

六分儀座。 17世紀に J.ヘベリウスにより設けられた赤道上の小星座。概略位置は赤経 10時 10分,赤緯-1°で,うみへび座の北,コップ座の西隣にあり,4月下旬の宵に南中する。5等星以下の星ばかりで目立たない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ろくぶんぎ座
ろくぶんぎざ / 六分儀座

春の宵の南の空に見える小星座。うみへび座の頭部としし座の間に挟まれ、4等のα(アルファ)星以下微星ばかりであまり目だたない。ドイツの天文学者ヘベリウスが彼の死後に出版された星図(1690)に描いていたもので、1679年9月、ダンツィヒ(グダニスク)の大火により、20年間愛用した六分儀を焼失した苦い経験を忘れないよう、強い動物の星座の間に置いたと記してあった。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろくぶんぎ座の関連キーワードベリサリウス八分儀八分儀座六分儀座四分儀座壁面四分儀座こじし座(小獅子座)とかげ座(蜥蜴座)はちぶんぎ座(八分儀座)ろくぶんぎ座(六分儀座)

ろくぶんぎ座の関連情報