コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星図 せいず astronomical map

6件 の用語解説(星図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

星図
せいず
astronomical map

天球上の恒星星団星雲銀河の位置を図示したもので,その光度も合わせて示す。肉眼で見える星についてはノートン星図があり,ボン星図,コルドバ星図などには 10等星まで,ハワードスカイマップには 12等星まで図示されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せい‐ず〔‐ヅ〕【星図】

全天の恒星・星団・星雲などの位置や光度を示した平面図。恒星図。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

星図【せいず】

天球上の恒星・星団・星雲等の位置と光度を,適当な投影法により図示したもの。フラムスティードの星図書(1729年)が最初の本格的星図で,精密星図としては19世紀にアルゲランダーが作成したボン掃天星図・星表コルドバ星図・星表などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいず【星図 star atlas】

恒星の天球上の位置と明るさとを示す図。古代の星図は天球儀と同様に天球を宇宙の外から眺めたように,すなわち星空を裏返しにかいたものが多かった。1603年に出されたバイヤーの星図は最初の裏返しでない星図である。フラムスティードの星図書《Atlas Coelestis》(1729)は彼の星表の星を図示した最初の科学的な星図であるが,昔の星図にならって神話,伝説に基づく星座の絵がかいてある。精密星図としては19世紀にボン天文台コルドバ天文台で作成された掃天星図は合計106万の10等以上の星を示し,今も星の同定用に愛用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいず【星図】

恒星・星雲などの天球上の位置・等級・その他の性質を平面的に記載した図。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

星図
せいず
star atlasstar map

恒星、星団、星雲、銀河などの天体の位置や明るさを示した天の地図。ただし、位置の動きが大きい月、惑星、小惑星、彗星(すいせい)などの太陽系天体は通常含まれない。一般に恒星の明るさは、見かけの等級に応じて明るいほうから暗いほうにだんだん小さい丸印で示し、星団・星雲・銀河などは見かけの大きさに応じて表示することが多い。天球上の位置は適当な投影法を用いて、平面上に、赤道座標(赤経・赤緯)、黄道座標(黄経・黄緯)、銀河座標(銀経・銀緯)などで示すが、一般には赤道座標がよく使われる。赤道座標では、原点である春分点の天球上の位置が少しずつ移動し、経緯線もそれに伴って移動しているので、天体の位置が変わらなくても、位置を表す座標の値が変わってくる。そのため、星図では、かならず西暦何年の春分点を基準にしているかが明示され、2000年分点(元期)などと記される。星図は、目的の天体へ望遠鏡を向けて観測したり、彗星や新天体の発見など、各種天体観測に不可欠のものである。基本的には星表などの各種天体カタログをもとに作成される。最近はパソコンなどに表示する電子媒体のものも出されている。
 最初の本格的星図は、イギリスのグリニジ天文台初代台長フラムスティードの観測データに基いて1729年に出版された『フラムスティード星図』で、ほぼ6等星まで収めていた。1863年と77年に分けてドイツのボン天文台から出版された『ボン星図』(1855年分点)は、およそ9等星まで含み、その位置が比較的正確なため数十年前までよく利用されていた。『ボン星図』の南天への拡張としてつくられたものに『コルドバ星図』(1875年分点)がある。近年の星図として多色刷りの『ベクバル星図』(1950年分点)は1964年に当時のチェコスロバキアより出版されたもので、10等近くの星までを含み、色により種類分けがしてあるので便利である。また『SAO星図』(1950年分点)はアメリカのスミソニアン天体物理観測所から1969年に出版され、人工衛星観測用などに使われていた。もっと新しいものとしては、8.0等星までを集めた『スカイ・アトラス2000.0』(2000年分点)、9.5等星までを含む『ウラノメトリア2000.0』(2000年分点)がそれぞれ出版されており、これらはアマチュアにも広く使われている。日本国内でも、7.5等星までを収めた『標準星図2000』(2000年分点)や8.25等星までを含む『実用全天星図』(2000年分点)などが市販されている。
 19世紀終わりごろから、写真術を応用し、暗い星まで一度に撮影して、全天の写真星図がつくられるようになった。これは夜空の星野(せいや)写真原板(通常はネガ)をそのまま星図としたものである。有名なものに1914年に出版された『フランクリン‐アダムズ写真星図』があり、写真等級17等までの星が記載されている。60年代になってアメリカのパロマ天文台が48インチのシュミット望遠鏡により同じ星野を赤青2色で撮影してつくった『パロマ写真星図』は20~21等まで記録されているが、パロマ天文台から観測できない南天の一定領域は抜けている。その空白領域をパロマ写真星図とほぼ同様な規格でカバーする『ESO/SERC南天写真星図』は、アングロ・オーストラリア天文台(青色光)とチリのヨーロッパ南天文台のシュミット望遠鏡(赤色光)で撮影されたもので、80年代に完成した。前記のパロマ写真星図とESO/SERC南天写真星図をデジタル画像化して作成した『Digitized Sky Survey』はCD-ROMとしても出版されている。
 最近は、星図をパソコン画面に表示するソフトも多く出回っている。印刷された星図や写真星図と比べて、表示スケールや表示等級などを比較的自由に変えることができ、ソフトによっては、表示された星をクリックすればその星の情報が提示されたり、任意の座標や元期を選んで経緯線を描いたりもできる。軌道計算のシミュレーションやプラネタリウム表示機能も備えている場合には、太陽系天体の現在位置を表示したり、その時点で地平線上のどの方向に見えるかを示してくれたりする。15等程度の暗い星まで表示するものも少なくない。このほかに注目すべきものとして、可視光の『Digitized Sky Survey』の画像やX線・赤外線・電波などの全天探査のデジタル画像のデータベース化がある。任意の天体の周辺を表示するだけであれば、インターネットでこれらの画像を閲覧できるサイトがいくつかある。日本では、国立天文台・天文学データ解析計算センターの天文データセンターがその拠点となっている。[北村正利・岡崎 彰]
『中野繁著『標準星図2000』第2版(1998・地人書館) ▽天文ガイド編集部編『実用全天星図』(1999・誠文堂新光社) ▽Wil Tirion, Roger W. Sinnott Sky Atlas 2000.0, Second Edition(1998, Sky Publishing Corporation, Cambridge, Massachusetts) ▽Wil Tirion, Barry Rappaport, George Lovi Uranometria 2000.0, Second Edition(2001, Willmann-Bell Inc, Richmond, Virginia)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

星図の関連キーワード天球儀恒星天固有運動視位置辰星星位星表星野光天球座標ターナーの推定法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

星図の関連情報