わわらば

精選版 日本国語大辞典の解説

わわらば

品詞・語義未詳。「万葉‐一六一八」の「玉に貫き消たず賜(たば)らむ秋萩の末(うれ)和久良葉に置ける白露」の「和久良葉(わくらば)」は諸本「和々良葉」とあって、多く「わわらば」と訓むが、諸説ある。
(1)たわむ意の動詞「ををる」の母音交替形「わわる」から転成した語で、たわむばかりのさまの意の形容動詞(または「わわらばに」で副詞)とする。
(2)原文を「和久良葉」の誤写と解して「わくらば」と訓み、「わくらばに」で、とりわけて、格別にの意の副詞とする。
(3)「わわら」を動詞「わわく」と同根と見て、破れほつれた葉の意の名詞とする。
(4)形容詞「わわし」と関連づけて、乱れた葉の意の名詞とする、など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android