コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイラス=荒貴=オールコック彗星 アイラスあらきオールコックすいせいComet IRAS‐Araki‐Alcock

1件 の用語解説(アイラス=荒貴=オールコック彗星の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アイラスあらきオールコックすいせい【アイラス=荒貴=オールコック彗星 Comet IRAS‐Araki‐Alcock】

1983年1月,アメリカイギリスオランダ3国の国際協同計画で打ち上げられた赤外線天文観測衛星IRAS(アイラス)が,4月25日,移動する天体を発見した。5月4日,新潟の荒貴源一とイギリスのオールコックJ.Alcockが発見した7等の新すい星がこれと同じものであることがわかった。このすい星は5月11日,地球に430万kmまで接近し,1日に天空を40度も移動した。これは1770年のレキセルすい星以来の記録で,すい星の核の大きさを調べるよい機会であったが,大望遠鏡でも核のほんとうの大きさは見えず,直径5km以下であることが推定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アイラス=荒貴=オールコック彗星の関連キーワード朝鮮映画ANRIダイハツCLエンジンスペイン映画PAPI三宅島立正佼成会貸金業法テーマパーク

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone