コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイラス=荒貴=オールコック彗星 アイラスあらきオールコックすいせいComet IRAS‐Araki‐Alcock

世界大百科事典 第2版の解説

アイラスあらきオールコックすいせい【アイラス=荒貴=オールコック彗星 Comet IRAS‐Araki‐Alcock】

1983年1月,アメリカ,イギリス,オランダ3国の国際協同計画で打ち上げられた赤外線天文観測衛星IRAS(アイラス)が,4月25日,移動する天体を発見した。5月4日,新潟の荒貴源一とイギリスのオールコックJ.Alcockが発見した7等の新すい星がこれと同じものであることがわかった。このすい星は5月11日,地球に430万kmまで接近し,1日に天空を40度も移動した。これは1770年のレキセルすい星以来の記録で,すい星の核の大きさを調べるよい機会であったが,大望遠鏡でも核のほんとうの大きさは見えず,直径5km以下であることが推定された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アイラス=荒貴=オールコック彗星の関連キーワード金井美恵子青山杉雨航空宇宙工業田原桂一[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門スペースシャトル飛行記録北川透佐藤さとる朝鮮映画

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android