アイラーバテシュワラ寺院(読み)アイラーバテシュワラジイン

  • アイラーバテシュワラじいん〔ジヰン〕

デジタル大辞泉の解説

Airavatesvara Temple》インド南部、タミルナドゥ州の町ダーラースラムにあるヒンズー教寺院。チョーラ朝時代後期の12世紀にラージャラージャ2世により建立シバ神を祭る。本殿はヒンズー教の大祭の山車に見立てられ、馬や車輪などの浮き彫りがある。壁面や天井、塔門などにも美しい彫刻が施されている。1987年にタンジャブールガンガイコンダチョーラプラムブリハディーシュワラ寺院が「大チョーラ朝の寺院群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録され、2004年に同寺院が拡張登録された。アイラーバテスワラ寺院。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android