コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリハディーシュワラ寺院 ブリハディーシュワラじいん

百科事典マイペディアの解説

ブリハディーシュワラ寺院【ブリハディーシュワラじいん】

インド南部,タミル・ナードゥ州タンジャーブールにあるヒンドゥー教寺院。この地は9〜13世紀に栄えたチョーラ朝の都だったところ。ブリハディーシュワラ寺院は初代の王ラージャラージャ1世が11世紀に建立したシバ神をまつる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ブリハディーシュワラ‐じいん〔‐ジヰン〕【ブリハディーシュワラ寺院】

Brihadisvara Temple
インド南部、タミルナドゥ州の古都タンジャブールにあるヒンズー教寺院。11世紀初頭、チョーラ朝のラージャラージャ1世により建立。高さ66メートルの本殿は南インド最大のものであり、上部に重さ80トンもの単一の花崗岩(かこうがん)を頂く。外壁は精緻な浮き彫りが施され、チョーラ朝以降に描かれた壁画が残る。1987年にガンガイコンダチョーラプラムの同名寺院とともに「大チョーラ朝の寺院群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録され、2004年にダーラースラムアイラーバテシュワラ寺院が拡大登録された。
インド南部、タミルナドゥ州の町ガンガイコンダチョーラプラムにあるヒンズー教寺院。チョーラ朝のラージャラージャ1世によるタンジャブールの同名の寺院の建築様式を受け継ぎ、11世紀にラージェンドラ1世により建立。シバ神を祭る。高さ55メートルの本殿は壁面や屋根に精緻な浮き彫りが施され、獅子やシバ神の乗る聖牛ナンディーなどの巨大な石像がある。1987年にタンジャブールの同名寺院とともに「大チョーラ朝の寺院群」の名称で世界遺産に登録され、2004年にダーラースラムのアイラーバテシュワラ寺院が拡大登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブリハディーシュワラ寺院の言及

【タンジャーブール】より

…タミル伝統文化の中心地の一つ。南西部にあるシバ派の壮大なブリハディーシュワラ寺院はチョーラ朝のラージャラージャ1世(在位985‐1016)により建立され,高さ72mの大塔をもつドラビダ様式の代表的寺院である。その北東方には16世紀の王宮が残る。…

【チョーラ朝】より

…南インドのタミル地方に古代・中世に栄えた王朝。最古の首都はティルチラパリ近くのウライユールで,のちタンジャーブール(タンジョール),ガンガイコンダチョーラプラムなどにも都を置いた。王国の起源は不明であるが,すでに前3世紀のアショーカ王の磨崖詔勅に南インドの国として〈チョーラ,パーンディヤ,サティヤプタ,ケーララプタ〉と記されている。前3~前1世紀の諸史料にもチョーラ,チェーラ,パーンディヤ3王国の存在が認められる。…

※「ブリハディーシュワラ寺院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリハディーシュワラ寺院の関連キーワード大チョーラ朝寺院群大チョーラ朝寺院ヒンドゥー教寺院シバ(神)