コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウィトゥス Eparchius Avitus

1件 の用語解説(アウィトゥスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アウィトゥス【Eparchius Avitus】

395か400‐456
ローマ帝国西帝,在位455‐456年。オーベルニュのセナトール貴族。西ゴートの宮廷に仕え,439年ローマ帝国のガリア最高官職につく。451年フン族侵入に対抗するため西ゴート軍の支援を得る。455年西ゴート王の勧めとガリアの貴族および軍隊の支持により帝位に登る。翌年バンダル族のローマ略奪に対する復讐戦を敢行し,地中海制海権獲得に努めたが,東ローマの支援が得られず失敗し,将軍リキメルに謀殺される。【徳田 直宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アウィトゥスの関連キーワードテオドシウスエウトロピウスコリントス戦争西ローマ帝国リュサンドロステオドシウス支払督促洋野(町)ライアン・ロクテ萩野公介

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone