アウィトゥス(英語表記)Eparchius Avitus

世界大百科事典 第2版「アウィトゥス」の解説

アウィトゥス【Eparchius Avitus】

395か400‐456
ローマ帝国西帝,在位455‐456年。オーベルニュのセナトール貴族。西ゴートの宮廷に仕え,439年ローマ帝国のガリア最高官職につく。451年フン族侵入に対抗するため西ゴート軍の支援を得る。455年西ゴート王の勧めとガリアの貴族および軍隊の支持により帝位に登る。翌年バンダル族のローマ略奪に対する復讐戦を敢行し,地中海制海権獲得に努めたが,東ローマの支援が得られず失敗し,将軍リキメルに謀殺される。【徳田 直宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android