コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウェンチヌス丘 アウェンチヌスきゅう Mons Aventinus

1件 の用語解説(アウェンチヌス丘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウェンチヌス丘
アウェンチヌスきゅう
Mons Aventinus

古代ローマ市のローマ七丘の一つ。現アベンティノ。テベレ川を見おろす急峻な丘でムルキア谷によって他の諸丘と分離されている。そこにはすでに共和政以前のラテン同盟の守護女神ディアナとルナを祀った2つの神殿があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アウェンチヌス丘の関連キーワードローマ七丘チルコ・マッシモアベンティーノの丘カンピドリオの丘パラティーノの丘ローマの七丘ローマ風呂古代ローマ帝国ローマンブリテン古代ローマ人の格言

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone