コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウグストゥス神殿 アウグストゥスシンデン

デジタル大辞泉の解説

アウグストゥス‐しんでん【アウグストゥス神殿】

Augustov hram》クロアチア西部の港湾都市プーラにある古代ローマ時代の神殿。紀元1世紀初頭、初代ローマ皇帝アウグストゥス(オクタビアヌス)を称えるために建造。教会や倉庫として使われた。第二次大戦で破壊されたが、戦後に再建。現在はイストラ考古学博物館の別館として使用され、古代ローマ時代の彫刻などを展示している。
Augustus Tapınağı》トルコの首都アンカラにある神殿。紀元前2世紀に、アナトリア地方の地母神やフリギア人の月の神を祭るために建造。その後、初代ローマ皇帝アウグストゥス(オクタビアヌス)を祭る神殿になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アウグストゥス神殿の関連キーワードアレクサンドルネフスキー大聖堂聖サワ教会バルナ大聖堂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android