コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウケール砂漠 アウケールさばくAouker

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウケール砂漠
アウケールさばく
Aouker

モーリタニア南部,マリ国境に沿う大砂漠。おもなオアシスはティジキア,ティシット,アクレイジット,ウアラータ,ネマで,このうちティシット,ウアラータには 11~12世紀に建設された隊商都市の遺構が残り,1996年世界遺産の文化遺産に登録。空軍基地があり,隊商路でマリのバマコ地方と結ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android