アウランガーバード石窟群(読み)アウランガーバードセックツグン

デジタル大辞泉の解説

アウランガーバード‐せっくつぐん〔‐セキクツグン〕【アウランガーバード石窟群】

Aurangabad Caves》インド西部、マハラシュトラ州の都市アウランガーバードにある石窟群。市街北郊の岩山の斜面に位置する。5世紀から7世紀にかけて仏教徒によって掘られた僧院や寺院がある。菩薩(ぼさつ)像や女神像の浮き彫りは、エローラに先行する仏教美術の貴重な作例として知られる。オーランガーバード石窟群

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android