コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウリクラリア幼生 アウリクラリアようせいauricularia larva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウリクラリア幼生
アウリクラリアようせい
auricularia larva

ナマコ類 (棘皮動物) の浮遊幼生。体の両側から5対の突起が生じ,各突起の基部球状体がある。さらに最後端の両側の突起の基部には星形骨片がある。この幼生は樽形のドリオラリア幼生になり,さらに変態して触手をもったペンタクラ幼生となって底生生活に入る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アウリクラリア幼生の関連キーワード動物

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android