コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球状体 きゅうじょうたい

岩石学辞典の解説

球状体

orbicule, orb: 二つまたはそれ以上の鉱物が球状(spheroidal)または同心円状に集まったもの.ラテン語のorbisは円,円形のこと.
spheroid: 一種類のみの鉱物が繊維状または針状となり放射状に集まったもの.spheroidは回転楕円体,長体のこと.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

球状体の関連キーワードアウリクラリア幼生ガンフリント植物群オオアカウキクサトウナスカイメンエイコンドライトアリューロン粒メダマアンコウヤスデモドキナポレオン岩ボルボックスコンドライトキヌガサタケホテイエソ球状花崗岩多空洞球顆ツチグリ淡水海綿ジオード黒曜石発生

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android