アウリスのイフィゲネイア(英語表記)Iphigeneia hē en Aulidi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウリスのイフィゲネイア
Iphigeneia hē en Aulidi

ギリシアのエウリピデスの悲劇。未完の遺作を息子が完成して前 405年上演。トロイ遠征軍のアウリス港からの無事な出帆を祈って総大将アガメムノンが娘イフィゲネイアを,女神アルテミスの犠牲に捧げたという伝説の劇化で,親の情と軍隊の要求の板ばさみになって悩むアガメムノン,アキレウスと結婚させるという口実を使ってアガメムノンの躊躇 (ちゅうちょ) を押切り,イフィゲネイアを呼び寄せた残酷な行為を後悔する叔父メネラオス,おとりに使われたと知って敢然と乙女の防御に立つアキレウス,悲しみを押えてギリシアのために犠牲台に登るイフィゲネイアなど,性格描写にすぐれ,筋の構成も巧みである。彼女を憐んだ女神アルテミスは彼女の身代りに鹿を置き,助ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android