コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカザラガイ あかざらがい

2件 の用語解説(アカザラガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカザラガイ
アカザラガイ

アズマニシキガイ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカザラガイ
あかざらがい / 赤皿貝
[学]Chlamys farreri akazara

軟体動物門二枚貝綱イタヤガイ科の二枚貝アズマニシキガイの北方型で、北海道東北地方に分布し、潮間帯から水深10メートルぐらいの岩礫(がんれき)底に足糸で着生している。殻長75ミリメートル、殻高80ミリメートルぐらい。貝柱が美味で、かつては東北地方で垂下式養殖もされていた。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアカザラガイの言及

【魚貝毒】より

…近縁種のエゾボラモドキの唾液腺にもテトラミンがある。
[ホタテガイなど]
 ホタテガイ,アカザラガイ,カキなどが時に有毒化する。これは,餌のプランクトンに有毒物質をつくる種類があり,その毒を中腸腺に蓄積するためである。…

※「アカザラガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone