コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカザラガイ あかざらがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカザラガイ

アズマニシキガイ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカザラガイ
あかざらがい / 赤皿貝
[学]Chlamys farreri akazara

軟体動物門二枚貝綱イタヤガイ科の二枚貝。アズマニシキガイの北方型で、北海道と東北地方に分布し、潮間帯から水深10メートルぐらいの岩礫(がんれき)底に足糸で着生している。殻長75ミリメートル、殻高80ミリメートルぐらい。貝柱が美味で、かつては東北地方で垂下式養殖もされていた。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアカザラガイの言及

【魚貝毒】より

…近縁種のエゾボラモドキの唾液腺にもテトラミンがある。
[ホタテガイなど]
 ホタテガイ,アカザラガイ,カキなどが時に有毒化する。これは,餌のプランクトンに有毒物質をつくる種類があり,その毒を中腸腺に蓄積するためである。…

※「アカザラガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカザラガイの関連キーワード吾妻錦

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android