アカン諸族(読み)アカンしょぞく(英語表記)Akan peoples

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカン諸族
アカンしょぞく
Akan peoples

ガーナを中心にコートジボアール東部からトーゴにかけて住む,ニジェール=コンゴ語派に属するクワ諸語のアカン語を話す人々の総称。人口約 1500万と推定される。アキェム,アニ,アシャンティ,アティエ,バウレ,ブロング,ファンティ,グァングの諸民族を含み,11~18世紀にかけて,北方から現在地に移住してきたといわれる。ヤムいも,タロいも,バナナなどを栽培するが,カカオと油やしが主要換金作物である。各民族は祖先をともにする外婚制氏族に分れ,階層制度が確立していて母系リニージが社会の基本単位となっている。拡大家族が村を構成する。首長と議会が村の政治にたずさわるが,首長は祖先神と生者との間の仲介者でもある。祖先崇拝の儀礼が宗教上最も重要視されるが,民族の統一と精神を強化することを目的としている。宇宙を創造した最高神も信じられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android