コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アガニョーク アガニョークOgonyok

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アガニョーク
Ogonyok

ロシアの作家同盟機関誌でグラビア週刊誌。 1923年創刊。 73年レーニン賞受賞。ペレストロイカ開始後ゴルバチョフがグラスノスチの推進のためビタリー・コローチチを編集長に任命してから大きく変貌した。それまで隠されていたスターリン時代の国家的犯罪やソ連社会の恥部,禁止されていた作家の作品などを大胆に掲載し,国民に支持されて発行部数 (460万部) はソ連最大となった。保守派や軍部からはきびしい非難・攻撃を受けたが,『モスクワ・ニュース』『論拠と事実』などとともに国民の意識改革に大きな役割を果した。ソ連の崩壊後は独立誌となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アガニョークの関連キーワードウラジミル ソロウーヒンエフィム ゾズーリャ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android