コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクジュージト Akjoujt

デジタル大辞泉の解説

アクジュージト(Akjoujt)

モーリタニア西部の町。首都ヌアクショットの北東約250キロメートルの内陸に位置する。フランスによる銅鉱山の開発で発展したが、1978年に採掘中止。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクジュージト
あくじゅーじと
Akjoujt

西アフリカ、モーリタニア内陸部の小都市。首都ヌアクショットの北東、国道1号線で256キロメートルの所にある。人口1万1322(2000)。モロッコへ通じる交通の要地であったが、銅鉱山がフランスによって開発され、鉱山都市として発展した。1973年銅山会社は国営化され、1974年には3万4000トンを産出したが、現在採掘は中止されている。住民は、内陸との通商、ヌアクショットへの出稼ぎで生活している。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アクジュージトの関連キーワードモハメド・ウルド アブドルアジズ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android