アグリニオン(英語表記)Agrínion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アグリニオン
Agrínion

アグリニオ Agrínioともいう。ギリシア,バルカン半島部南西部の都市。アテネの西北西約 220km,トリホニス湖の北西岸近くに位置する。ビザンチン時代にはブラホリ Vrakhóriと呼ばれていたが,オスマン帝国領を経て,ギリシア独立戦争 (1821~29) によってギリシア領となってから,北西のアヘロオス川沿岸にあった古代都市アグリニオンにちなんで改称。 1887年の大地震のあと再建された現在の市は,タバコの栽培・加工中心地として発展。パトライコス湾のクリオネリ港から延びる鉄道の終点。人口3万 5774 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android