コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アケボノタケ(曙茸) アケボノタケHygrophorus amoena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アケボノタケ(曙茸)
アケボノタケ
Hygrophorus amoena

担子菌類マツタケ目アカヤマタケ科。の径3~10cm,高さ6~12cmで美しい淡紅色を呈する。傘の表面は乾いた感じで繊維状,ひだは疎で,開ききると縁が裂ける。茎は縦に走る線がみられ裂けやすい。夏秋の季節に林内や牧野などの地上に生える。食用になる。日本各地に産し,北アメリカ,ヨーロッパ各地にも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android