コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野 ボクヤ

デジタル大辞泉の解説

ぼく‐や【牧野】

家畜の放牧牧草採取のための野原

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼくや【牧野】

家畜を放したり、飼料の草などを採取する野原。

まきの【牧野】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牧野
ぼくや

主として家畜の放牧またはその飼料もしくは敷料(家畜小屋に敷く草類)の採取の目的に供される土地をいう。1950年(昭和25)公布の牧野法では、牧野とはこのように定義され、また耕作の目的に供される土地を除くとされ、野草の生育している自然草地のみに限定されている。しかし55年前後から草地農業が急速に発展し、自然草地の利用よりも牧草を導入した改良草地や人工草地、さらに耕地内で栽培される牧草畑のほうが畜産のために利用される土地として重視されるようになった。このことから、従来の牧野という呼称よりは、これらすべてを含むものとして、英語のグラスランドglasslandに対応する草地(そうち)という呼称が一般的となっている。1954年公布の「酪農及び肉用牛生産の振興に関する法律」では、草地は主として家畜の放牧またはその飼料の採取の目的に供される土地であると定義され、耕作される牧草地まで含まれている。[西田恂子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

牧野の関連キーワードスイート・リトル・ベイビー奈良県北葛城郡広陵町馬見北大阪府枚方市小倉東町愛知県豊川市牧野町東京都練馬区東大泉青森県青森市野沢茶ップリン松島蘇順泉牧野 鶴代市川 花紅マキノ雅広父を売る子牧野貞久牧野忠篤牧野康明牧野貞明牧野康満牧野康周牧野以成牧野明成

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牧野の関連情報