コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコラ アコラAkola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アコラ
Akola

インド西部,マハーラーシュトラ州中北部の都市。ナーグプル西南西約 225km,ムルナ川に面する。川の西岸が本来のアコラであるが,人口の多い東岸のタジナペト地区に政庁がある。ムガル帝国治下で 18世紀初頭に築かれた城壁と,ハイデラバード王国支配下で 19世紀初期に造られた砦がある。周辺はワタ栽培が盛んで,その集散と綿工業の中心地。ほかに搾油も行われる。ナーグプル大学のカレッジがある。人口 32万 7946 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アコラの関連キーワード国際リニアコライダー直線形衝突型加速器ウィークボソン小島 龍太郎日本創成会議コライダー西園寺公望アストリア酒井雄三郎線形加速器三浦智子ベラールパルバニカンドワILCLHC

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android