アゴザトウムシ(読み)あござとうむし

  • あござとうむし / 顎座頭虫

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

節足動物門クモ形綱ザトウムシ目アゴザトウムシ科に属する小動物の総称。頭部の鋏角(きょうかく)が発達し、体長より長いものがあり、触肢も非常に長い。サスマタアゴザトウムシNipponopsalis abeiは体長約2.5ミリメートルで、真っ黒い鋏角が刺股(さすまた)状をなす。本州、四国、九州の山地にわりあい多い。ヨーロッパにはこの属の近縁で、巻き貝をおもに食うものがある。サラアゴザトウムシSabacon pygmaeumは西日本に多いが、この属は触肢に毛が多く、ヨーロッパ、東アジア、北および中央アメリカにも分布する。

[森川国康]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android