コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサッシン派 アサッシンはAssassins

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アサッシン派
アサッシンは
Assassins

イスラム,シーア派の一分派イスマーイール派より 11世紀末にさらに分派したニザール派の別称。ハサン・イブヌッ・サッバーフの指導のもとにイラン北部エルブールズ山中のアラムートに難攻不落の山城を構え,よく訓練した暗殺組織フィダーイー Fidā'īをもってセルジューク朝十字軍に対抗。 12世紀なかばにはその勢力はシリア,レバノンからアフガニスタンにまで及んだが,1256年フラグ (旭烈兀) が率いるモンゴル軍の攻撃の前に滅んだ。アサッシンという名はアラビア語のハシーシーン hashīshiyyīn (麻薬を用いる人々) に由来するとされ,十字軍の将士たちが,中近東における麻薬吸飲の習慣をニザール派暗殺者に結びつけてヨーロッパに伝えたもの。現在なお同派の信徒はイラン,シリア,中央アジア,インドに居住しており,ムンバイ (ボンベイ) に居を構えるイマーム,アーガー・ハーンに従っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アサッシン派の関連キーワードニザームル・ムルクフラグ(旭烈兀)イル・ハン国ジュバイニーサッラール朝アサッシンジヤール朝ダイラム人イマーム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android