コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサッシン派 アサッシンはAssassins

1件 の用語解説(アサッシン派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アサッシン派
アサッシンは
Assassins

イスラム,シーア派の一分派イスマーイール派より 11世紀末にさらに分派したニザール派の別称。ハサン・イブヌッ・サッバーフの指導のもとにイラン北部エルブールズ山中のアラムート難攻不落の山城を構え,よく訓練した暗殺組織フィダーイー Fidā'īをもってセルジューク朝十字軍に対抗。 12世紀なかばにはその勢力はシリア,レバノンからアフガニスタンにまで及んだが,1256年フラグ (旭烈兀) が率いるモンゴル軍の攻撃の前に滅んだ。アサッシンという名はアラビア語のハシーシーン hashīshiyyīn (麻薬を用いる人々) に由来するとされ,十字軍の将士たちが,中近東における麻薬吸飲の習慣をニザール派暗殺者に結びつけてヨーロッパに伝えたもの。現在なお同派の信徒はイラン,シリア,中央アジア,インドに居住しており,ムンバイ (ボンベイ) に居を構えるイマーム,アーガー・ハーンに従っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone