コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサヒムシ アサヒムシAcanthometron pellucidum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アサヒムシ
Acanthometron pellucidum

原生生物界有孔虫門放散虫目アストロロンケ科。体長 0.2~0.3mm。1個の細胞の中心部に等長の 20本の骨針が放射状に集合している。細胞は球形で 2部からなり,内部に 1個の核と黄色の共生藻類を多数含み,外部の細胞質は各骨針に沿って自由に伸縮し,仮足となって餌をとる。プランクトンの一種で,日本各地の沿海に普通に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android