仮足(読み)かそく(英語表記)pseudopodium

翻訳|pseudopodium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮足
かそく
pseudopodium

擬足,偽足虚足ともいう。原生動物根足虫類白血球変形菌変形体,組織培養した細胞などでみられる捕食,移動のための細胞器官。仮足による運動をアメーバ運動という。形によって葉状仮足糸状仮足,有軸仮足,根足仮足の4型に区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かそく【仮足 pseudopodium】

偽足,擬足ともいう。アメーバが池の中の枯葉などの表面をはって歩くとき,体の前端部から細胞の一部分を突き出して当該の表面に接着しながら進む。この突き出した部分はあたかも足のように見えることから仮足とよばれる。仮足の形や数はアメーバの種によって異なり,仮足の先端が丸みを帯びている葉状仮足,細長く先端がとがっている糸状仮足,網の目のように仮足が融合している網状仮足などがある。また同じ原生動物の太陽虫放射状に多数出ている有軸仮足は中心に微小管microtubuleの束を持っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かそく【仮足】

白血球や原生動物のアメーバ類などで、原形質の一時的突起として形成される細胞小器官。捕食および移動運動を行う。偽足。擬足。虚足。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仮足
かそく

アメーバや運動性をもつ培養細胞が、アメーバ運動を行うときにかならず形成する一時的突起で、運動のための細胞器官である。擬足、偽足、虚足ともいう。仮足は形状や細胞質の流れ方によって数型に分けられる。アメーバの仮足は葉状で先端が丸く、細胞質の主流は1方向で、おもに移動に携わる。タイヨウチュウの仮足は糸状で、体から放射状に伸び、細胞質は相反する2方向に流れ、おもに捕食に携わる。仮足の形や数は外的および内的条件によって変わる。[片島 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の仮足の言及

【足∥肢】より

…棘皮(きよくひ)動物の管足は水管系の突出物で放射状に5帯に配列しており,先端が吸盤状になっていて,他物に吸着し体を保持・移動する。アメーバ類の仮足は随時形成される細胞体の運動方向への突出にほかならない。【原田 英司】
【脊椎動物の足】
 脊椎動物のうち魚類を除く両生類,爬虫類,鳥類,哺乳類は,前肢(ヒトでは上肢,鳥類の場合は翼)と後肢(ヒトでは下肢)からなる4本の足をもつので,四足類(または四足動物,四肢動物)と総称される。…

【アメーバ】より

…内質には核,収縮胞,食胞,ミトコンドリアなどを含む。仮足(かそく)をだして運動するが,その際は体の後方の外質のゲルがゾル化して内質流となり,体の前方に向かって流動し,先端部のプラスマレンマが前方に膨らむ。ここで左右に分かれた内質流が膜のすぐ下でゲル化して外質になる。…

【アメーバ運動】より

…アメーバ運動とは自由生活あるいは寄生しているアメーバにみられるような,細胞が形を変えながら動いて歩きまわる運動であり,われわれの体の中で一部の白血球(マクロファージなど)や癌細胞などもこの運動によって動く。細胞質の流動を伴い,仮足の腹面を歩く面上にしっかり接着させて進む。細胞膜の内側には外肉質ゲルがあって外形を保ち,その内部を内質ゾルが流動している。…

※「仮足」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮足の関連情報