コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジャンタ壁画 アジャンタへきがAjanta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジャンタ壁画
アジャンタへきが
Ajanta

インドのアジャンタ石窟にある壁画。 29ある石窟のうち絵画が最も豊富に残っているのは第1,2,16,17の4窟で,ここでは壁だけではなく,天井,柱にまで余すところなく描かれている。主題は仏伝,ジャータカ,如来像などさまざまで,題名のつけがたいものも多い。これら雑多な絵画にはデカン高原独特のものを中心として,南方系の表現もみられる。法隆寺壁画と比較される蓮華手菩薩像は第1窟の内陣の入口に大きく描かれている。また壁画はほかの窟の内外にも残存しており,そのうち最も古いものは第 10窟内の側壁に帯状の画面を区画して描かれている仏伝,ジャータカの説話図で,前1世紀の作と推定されている。現在ではこれらの画面は変色して黒ずみ,識別しえないほどであるが,ここの壁画の模写 (線描) がハイデラバードアジャンタ・パビリオンに展覧されており,その主題,表題などを知ることができる。また同じ窟内の天井,柱などには如来像や蓮華文様などが描かれているが,それらは6世紀頃に描き加えられたものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone