コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アステカ遺跡 アステカいせき

世界の観光地名がわかる事典の解説

アステカいせき【アステカ遺跡】

メキシコの首都メキシコシティにある古代遺跡。1913年、ソカロ付近で工事中にアステカ神殿の墓底部や蛇の頭の彫刻が発堀され、ここがアステカ帝国最後の最大都市、テノチティトランの中心にあった大神殿跡であることが証明された。隣接するテンプルマヨール博物館には、発掘された遺物が展示されている。湖を埋めて造った都市のため、現在でも地盤沈下が収まらず、道路や建物が傾いている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

アステカ遺跡の関連キーワードプエブロ・ボニート遺跡プエブロ族

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android