アステカ遺跡(読み)アステカいせき

世界の観光地名がわかる事典「アステカ遺跡」の解説

アステカいせき【アステカ遺跡】

メキシコの首都メキシコシティにある古代遺跡。1913年、ソカロ付近で工事中にアステカ神殿の墓底部やの頭の彫刻が発堀され、ここがアステカ帝国最後の最大都市、テノチティトランの中心にあった大神殿跡であることが証明された。隣接するテンプルマヨール博物館には、発掘された遺物が展示されている。湖を埋めて造った都市のため、現在でも地盤沈下が収まらず、道路や建物が傾いている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android