コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスマイー ‘Abd al‐Malik al‐Aṣma‘ī

世界大百科事典 第2版の解説

アスマイー【‘Abd al‐Malik al‐Aṣma‘ī】

740‐828
アラブの文学家,文献学者。本名はイブン・カリーブだが,多くの古事を語ったのでアスマイー(語り部)という名をつけられた。カイス族出身でバスラに生まれ,のちバグダードに出た。強い記憶力の持主でラザズ調の古詩1万2000句を暗記し,18箱の本を手もとから離さなかった。40余の著書のうち,13種ほど残っているが,詩,動植物名の由来に関するものが大部分をしめている。なかでも《アスマイーヤート詩集》は古詩集として有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アスマイーの関連キーワードアブー・ウバイダアンタル物語

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android