コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタカマ高原 アタカマこうげんPuna de Atacama

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アタカマ高原
アタカマこうげん
Puna de Atacama

アンデス山脈中部の山中にある高原地帯。ボリビア南西端部付近から南へ,アルゼンチンチリの国境に沿って広がる標高 3000~4000mの地域で,ドメイコ山脈によって西の太平洋岸に連なるアタカマ砂漠から分けられる。塩分が析出したサラル Salarと呼ばれる一連の乾燥盆地から成り,気候は寒冷で雨が少く,強風が吹き,わずかに低木がまばらにみられるだけの荒涼とした景観を示す。おもなサラルはチリのアタカマ,アルゼンチンのアリサロ,オンブレムエルト,アントファヤなどで,比高の低い山脈によって分けられている。サンアントニオデロスコブレス (アルゼンチン) ,サンペドロデアタカマ (チリ) などの町があるが,全体に人口希薄。太平洋岸のアントファガスタアンデス東麓のサルタを結ぶアンデス横断鉄道と道路が通るほか,中央部を南北に道路が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アタカマ高原の関連キーワードサルタ州乾燥高原フフイ州

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android