コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダムズ触媒 アダムズしょくばいAdams catalyst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アダムズ触媒
アダムズしょくばい
Adams catalyst

R.アダムズらが考案した酸化白金触媒のこと。すなわち,塩化白金酸 H2PtCl6 あるいはそのアンモニウム塩 (NH4)2PtCl6 を硝酸ナトリウムとともに熱して得られる酸化白金 PtO2 を,溶媒中に懸濁させ,かき混ぜながら水素を通じると,容易に得られる。製法は簡易で,活性度が高いため,実験室において各種有機化合物の接触還元を行うときに好都合な触媒として,広く利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アダムズ触媒の関連キーワード硝酸ナトリウムアンモニウム塩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android