コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッカーマン機構 アッカーマンキコウ

デジタル大辞泉の解説

アッカーマン‐きこう【アッカーマン機構】

自動車の前車軸両輪がキングピンを中心に首を振る仕組み。カーブを円滑に回れる。1818年に英国のアッカーマン(Ackerman)が発明。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アッカーマンきこう【アッカーマン機構】

自動車の前車軸の両輪のみがキング-ピンを中心に首を振るようにした仕組み。カーブをスムーズに回ることができる。 〔イギリスのアッカーマン(Ackerman)が1818年に発明〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッカーマン機構
あっかーまんきこう
Ackerman system

自動車の操向方式の一つ。ガソリン自動車に先駆けて1818年にイギリスのアッカーマンによって発明されたもので、現在の四輪車および前2輪の三輪車のほとんどすべてに用いられている。それまでの両端に車輪をつけた前車軸全体が首を振る馬車式に対し、前車軸の両端についた車輪のみがキングピンを中心に首を振る。左右前輪の軸の延長線が、後車軸の延長線上の1点で交わるように首を振るので、スムーズに回ることができる。[高島鎮雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android