コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両輪(読み)リョウリン

デジタル大辞泉の解説

りょう‐りん〔リヤウ‐〕【両輪】

二つの輪。二つある、両方の車輪。「車の両輪
両者が一組になって用をなすもののたとえ。「会長と社長は社運営の両輪だ」

りょう‐わ〔リヤウ‐〕【両輪】

江戸中期から明治にかけ、主として京坂地方で流行した女性の髪の結い方の一。髷(まげ)を二つ作って(こうがい)を挿し、余りの毛を巻き上げたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうりん【両輪】

二つの輪。両方の車輪。りょうわ。 「車の-」
両者が補いあって十分なはたらきをすることのたとえにいう。 「内閣を支える-」

りょうわ【両輪】

江戸時代の女性の髪形の一。まげを二つ作って笄こうがいをさして固定し、余った毛を巻きあげた形。
りょうりん(両輪)」に同じ。 「因果と縁とは車の-のごとく/狂言・座禅」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両輪の関連情報