コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッベの法則 Abbe's law

法則の辞典の解説

アッベの法則【Abbe's law】

「照射されている物体の構造の像を,レンズによってできるだけ忠実も再生するためには,その構造の造り出すすべての回折パターンを伝えるのに十分な開口径が必要となる」

同じ内容をアッベの理論*と記してある成書もある.もしレンズを通して回折パターンの一部だけが伝えられたとすると,その像はレンズが通せた光によるものでしかない.口径が狭すぎたり,あるいは構造が非常に細かい場合には回折パターンがまったく伝達されない場合もありうるし,この場合には物体の構造の像はいくら倍率を上げても鮮明とはならない(いろはガルタの「葭の髄から天井覗く」を法則化したものともいえる).

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

アッベの法則の関連キーワードアッベの理論アッベ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android