コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッペンツェル州 アッペンツェルAppenzell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッペンツェル〔州〕
アッペンツェル
Appenzell

スイス北東部の州。中部アルプス,グラルナーアルペンの北側に位置する山岳の多い小州で,州内の最高峰は南部のゼンティス山 (2501m) 。州域はほぼ四周をザンクトガレン州に囲まれている。中世は「修道院長の庵」を意味するアッペンツェル村を中心に,ザンクトガレンの修道院長の支配下にあったが,14世紀末から独立の動きが始り,アッペンツェル戦争 (1403~10) を経て 1411年にはスイス同盟の「保護」下に入り,1513年には同盟の一員となった。その後,反宗教改革ののち宗教上の違いから 97年に,アッペンツェルインナーローデンとアッペンツェルアウサーローデンの2つの准州に分離,現在にいたっている。2准州を合計すると面積 415km2。人口6万 5043 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アッペンツェル州の関連キーワードアッペンツェルアウサーローデン准州アッペンツェルインナーローデン准州スイス史(年表)