アツィナナナの雨林群(読み)アツィナナナのうりんぐん

世界遺産詳解の解説

アツィナナナのうりんぐん【アツィナナナの雨林群】

2007年に登録された世界遺産(自然遺産)。マダガスカル東部に位置し、マダガスカルヘビワシなどが生息する島最大のマソアラ国立公園、新種のオオタケキツネザルが保護されているラノマファナ国立公園、この島特有のとげの多い森林を含むアンドハヘラ国立公園など、6つの国立公園にまたがっている。25種はいるとされるキツネザルなどの絶滅危惧種の生息と生物多様性などが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はRainforests of the Atsinanana

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android