アディーブ・イスハーク(英語表記)Adīb Isḥāq

世界大百科事典 第2版の解説

アディーブ・イスハーク【Adīb Isḥāq】

1856‐85
シリアのキリスト教徒。ダマスクス,ベイルートで教育を受けたあとエジプトに逃れ,新聞《ミスル》を刊行,のちパリから別名で続行。宗派的国民主義に終始反対して,アラブ統一,東方アラブ圏,〈祖国〉論などで論陣を張った。〈自由なくして祖国なく,道義なくして自由なし〉と政治的道義を確立するための教育を急務としていた。宗教宗派をこえて民族の政治的向上を力説したアラブ民族主義の第1世代である。【林

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android