コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデレード植物園 アデレードショクブツエン

デジタル大辞泉の解説

アデレード‐しょくぶつえん〔‐シヨクブツヱン〕【アデレード植物園】

Adelaide Botanic Gardens》オーストラリア、南オーストラリア州の州都アデレードの市街東部にある植物園。1855年開園。面積約16万平方メートル。亜熱帯植物やスイレンが多くみられるほか、同国最古、南半球最大規模のガラス張りの温室がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

アデレードしょくぶつえん【アデレード植物園】

オーストラリアのアデレードにある、16haの敷地をもつ植物園。1855年に設立された。芝生が広がる園内は、市民の憩いの場となっている。オーストラリア原産をはじめ、世界各国の植物が栽培されている。南半球最大規模の熱帯雨林の温室や睡蓮(すいれん)のコレクションは特に有名である。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

アデレード植物園の関連キーワードIABG

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android