コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデレード植物園 アデレードショクブツエン

2件 の用語解説(アデレード植物園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アデレード‐しょくぶつえん〔‐シヨクブツヱン〕【アデレード植物園】

Adelaide Botanic Gardens》オーストラリア、南オーストラリア州の州都アデレードの市街東部にある植物園。1855年開園。面積約16万平方メートル亜熱帯植物スイレンが多くみられるほか、同国最古、南半球最大規模のガラス張りの温室がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

アデレードしょくぶつえん【アデレード植物園】

オーストラリアのアデレードにある、16haの敷地をもつ植物園。1855年に設立された。芝生が広がる園内は、市民の憩いの場となっている。オーストラリア原産をはじめ、世界各国の植物が栽培されている。南半球最大規模の熱帯雨林の温室や睡蓮(すいれん)のコレクションは特に有名である。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

アデレード植物園の関連キーワードキューガーデンズアデレード砦アデライーデバーガル島ボーアル島ミズガルズ蛇ガスムロス愛染明王ギャルソンエプロンインパクトファクター

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone