コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

睡蓮 スイレン

デジタル大辞泉の解説

すい‐れん【睡×蓮】

スイレン科スイレン属の水生植物の総称。池・沼に生え、円形または卵形の基部に切れ込みのある葉を水面に浮かべる。夏、白・黄・赤色などのハスに似た花を水面上に開き、朝夕開閉する。温帯産のものから熱帯産のものまで、品種は多い。日本ではヒツジグサが自生。 夏》「―の明暗たつきのピアノ打つ/草田男
ヒツジグサの漢名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

睡蓮

フランスの画家クロード・モネの絵画(1899-1916)。原題《nymphéas, Des》。印象派を代表するモネが、ジヴェルニーの自邸の池を描いた一連の連作の一つ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

すいれん【睡蓮】

ヒツジグサの漢名。
スイレン科スイレン属の多年生水草。温帯から熱帯まで広く分布し、観賞用に栽培する。葉は水面に浮かび、円形で基部が切れ込む。花は長い花柄の先につき、花弁が多く、白・黄・桃・紫などで、普通、朝開き夕方閉じる。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

睡蓮の関連情報