アトピー性皮膚炎とフィラグリン

  • アトピー性皮膚炎とフィラグリン(アレルギー性疾患の遺伝子)

内科学 第10版の解説

(2)アトピー性皮膚炎とフィラグリン
 尋常性魚鱗癬は全身性に皮膚が乾燥し,皮膚の最表層部が厚くなる常染色体優性遺伝を示す頻度の高い(300人に1人)比較的軽症の魚鱗癬である.2006年にフィラグリン(filaggrin:FLG)の機能喪失型変異が尋常性魚鱗癬の原因として同定された.それに続き,2007年にアトピー性皮膚炎の一部でもFLG変異が高頻度(健常者の約3倍)に認められることが報告された.FLGは染色体1q21領域にクラスターとして存在する約60個の表皮分化に関与する遺伝子群の中の1つであり,皮膚の角質層の形成に重要な役割を果たす.表皮の顆粒層に存在するケラトヒアリン顆粒はおもにFLG前駆体であるプロフィラグリン(profilaggrin)からなり(図10-22-7),顆粒細胞の最終分化に伴い,プロフィラグリンはFLGの単量体へと分解される.FLGは角層構造を強固にし,またFLG分解産物は天然保湿因子として働く.日本人ではアトピー性皮膚炎の約1/4の症例でFLG変異をもつことが報告されている.アトピー性皮膚炎の罹患皮膚では変異の有無にかかわらずFLG発現は減少し,変異をもつ患者で特に発現量が低いこと,Th2サイトカインであるIL-4,IL-13がFLG発現を抑制することが報告されている.FLGのハプロ不全(haploinsufficiency:一対の相同染色体の一方の遺伝子の不活化で生じる表現型の変異,FLG蛋白の発現量が50%減少している状態)ではピーナツアレルギーのリスクが5.3倍,アトピー性皮膚炎のリスクが3.1倍,気管支喘息のリスクが1.5倍となることも報告され,上皮バリア機能不全と経皮感作との関連が示唆されている.[玉利真由美]
■文献
Irvine AD, et al: Filaggrin mutations associated with skin and allergic diseases. N Engl J Med, 365: 1315-1327, 2011.
Ober C, et al: The genetics of asthma and allergic disease: a 21st century perspective. Immunol Rev, 242: 10-30, 2011.

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android