アドルフォ サルコリ(英語表記)Adolfo Sarcoli

20世紀西洋人名事典の解説


1872 - 1936.3.12
イタリアのテノール歌手。
シエナ生まれ。
イタリア各地でオペラ出演し、名ソプラノのテトラッツィーニの相手役も務める。1911年東洋楽旅中、中国動乱を避けて来日し、東京に住み、同年帝国劇場で三浦環と「カヴァレリア・ルスティカーナ」を演し、以後演奏会に出演する。イタリア・オペラの名曲とベル・カント唱法を伝え、日本の声楽界に貢献する。門下から原信子関屋敏子らを出す。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android