コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原信子 はら のぶこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原信子 はら-のぶこ

1893-1979 大正-昭和時代のソプラノ歌手。
明治26年9月10日生まれ。三浦環(たまき)らに師事。大正2年帝国劇場歌劇部公演の「魔笛」でデビュー。7年原信子歌劇団を結成し,浅草オペラで活躍。のち欧米各地を巡演し,昭和3年日本人ではじめてミラノのスカラ座専属となる。昭和54年2月15日死去。85歳。青森県出身。東京音楽学校(現東京芸大)中退

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の原信子の言及

【蝶々夫人】より

…日本初演は1921年(大正10)ロシア歌劇団によって全曲,帝国劇場で上演。蝶々夫人役として国の内外で名声を博した歌手に三浦環,原信子らがある。【武石 英夫】。…

【大和楽】より

…邦楽に洋楽の発声をとり入れたもので,東明節(とうめいぶし)の影響も認められる。新邦楽の一つの典型とされ,富崎春昇(1880‐1958),宮川源司(清元栄寿郎,1904‐63),原信子(1893‐1979)らが指導者で,代表的な歌い手は岸上きみ(1898‐1962),三島儷子(1905‐88)らであった。68年2派に分裂し,三島改め大和美代葵(みよき)と大和久満(ひさみつ)(芳村伊十七,1938‐ )らの派が活躍。…

※「原信子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

原信子の関連キーワードランメルムーアのルチアアドルフォ サルコリサルコリ アドルフォ中根 龍太郎清水 金太郎後土御門天皇瀬川 つる子松島 詩子リゴレット岡村 文子大屋 政子川田 正子宮田 東峰柳田 貞一篠原 正雄藤原 亮子武田 正憲ローシー伊藤京子東さおり

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android