コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原信子 はら のぶこ

1件 の用語解説(原信子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原信子 はら-のぶこ

1893-1979 大正-昭和時代のソプラノ歌手。
明治26年9月10日生まれ。三浦環(たまき)らに師事。大正2年帝国劇場歌劇部公演の「魔笛」でデビュー。7年原信子歌劇団を結成し,浅草オペラで活躍。のち欧米各地を巡演し,昭和3年日本人ではじめてミラノスカラ座専属となる。昭和54年2月15日死去。85歳。青森県出身。東京音楽学校(現東京芸大)中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の原信子の言及

【蝶々夫人】より

…日本初演は1921年(大正10)ロシア歌劇団によって全曲,帝国劇場で上演。蝶々夫人役として国の内外で名声を博した歌手に三浦環,原信子らがある。【武石 英夫】。…

【大和楽】より

…邦楽に洋楽の発声をとり入れたもので,東明節(とうめいぶし)の影響も認められる。新邦楽の一つの典型とされ,富崎春昇(1880‐1958),宮川源司(清元栄寿郎,1904‐63),原信子(1893‐1979)らが指導者で,代表的な歌い手は岸上きみ(1898‐1962),三島儷子(1905‐88)らであった。68年2派に分裂し,三島改め大和美代葵(みよき)と大和久満(ひさみつ)(芳村伊十七,1938‐ )らの派が活躍。…

※「原信子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

原信子の関連キーワード北沢栄喜波貞子清水静子城須美子関口次郎滝田菊江武岡鶴代立松ふさ長坂好子不破章

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原信子の関連情報