コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドレナリンレセプター

栄養・生化学辞典の解説

アドレナリンレセプター

 アドレナリン受容体アドレノセプターともいう.エピネフリン(アドレナリン),ノルエピネフリン(ノルアドレナリン)が結合して,細胞が応答するためのレセプターアゴニストアンタゴニストに対する結合性,応答性から,αレセプター,βレセプターに大別され,さらにα1,α2,β1,β2に分類される.これらは遺伝子もクローニングされている.近年β3レセプターも認められた.α1レセプターはホスホリパーゼCを活性化,α2はアデニル酸シクラーゼを抑制して,細胞内のcAMPを低下させ,β1,β2は活性化してcAMPを上昇させる.α1,α2にはさらにサブタイプがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

アドレナリンレセプターの関連キーワードアドレナリンβ受容体アドレナリンα受容体アデニル酸シクラーゼホスホリパーゼ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android