コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドレノドキシン adrenodoxin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アドレノドキシン
adrenodoxin

副腎皮質のミクロソーム中に含まれる鉄・硫黄蛋白 (フェレドキシン) の一種。分子量は2万 2000で,1分子は鉄2原子,硫黄2原子を含む。また,硫黄にはシステイン残基が結合して,加熱により容易にはずれる。ミクロソームの働きの一つである薬物などの水酸化反応は,この鉄・硫黄蛋白が電子伝達系の一部を分担して進められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アドレノドキシンの関連キーワード副腎皮質

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android