コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドレノドキシン(英語表記)adrenodoxin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アドレノドキシン
adrenodoxin

副腎皮質のミクロソーム中に含まれる鉄・硫黄蛋白 (フェレドキシン) の一種。分子量は2万 2000で,1分子は鉄2原子,硫黄2原子を含む。また,硫黄にはシステイン残基が結合して,加熱により容易にはずれる。ミクロソームの働きの一つである薬物などの水酸化反応は,この鉄・硫黄蛋白が電子伝達系の一部を分担して進められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android