コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナトサウルス アナトサウルスAnatosaurus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナトサウルス
Anatosaurus

爬虫類鳥盤目鳥脚亜目の化石属。白亜紀後期に栄えた恐竜。頭骨は前後に長く,前方は幅が広く扁平でカモやカモノハシに似るカモノハシ恐竜の代表属とされる。歯は密接して並び,片側だけで 500個もある。脊椎には骨化した腱がある。体長約 10m。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアナトサウルスの言及

【カモハシ竜(鴨嘴竜)】より

…とくに頭骨,顎骨,歯などに適応機構がみられる。大きく頭骨の発達したパラサウロロフスの系統とあまり発達していないアナトサウルスとの2系統に分けられている。イグアノドンに近い恐竜である。…

※「アナトサウルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アナトサウルスの関連キーワード古病理学

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android