コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナドゥイリ川 アナドゥイリがわreka Anadyr'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナドゥイリ川
アナドゥイリがわ
reka Anadyr'

ロシア北東部,チュクチ自治管区を流れる川。全長 1150km。流域面積 19万 1000km2アナドゥイリ高原に源を発し,山間を南西流したのちツンドラの低地を東流して,ベーリング海アナドゥイリ湾に注ぐ。 10月初旬~5月下旬は結氷。 1648年ロシアの探検家 S. I.デジニョフが河口に達し,中流域はのちカムチャツカへの渡航基地,物資集積地としてにぎわった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone