コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニャン(安養)市 アニャンAnyang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アニャン(安養)〔市〕
アニャン
Anyang

韓国,キョンギ (京畿) 道の中部,ソウル市の南西に接する市。 1973年市制。長くソウル郊外のブドウ栽培地として知られていた。ソウルの膨張によって衛星都市となり,製紙工場をはじめとした工業団地が建設された。 1970年代からは郊外住宅地化が進んでいる。国連軍の施設がおかれている。面積 58km2。人口 48万 668 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アニャン(安養)市の関連キーワードソウル特別市

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android